車庫入れまで自動かョ。人類滅亡の日は近い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今週号の日経ビジネスに、『「次のエコカー」に経営戦略の違い』って記事があったので、ちょっと読んでみた。

 今度のモーターショーに出店する各社のエコカーの概要が載っていて、今度はスポーツタイプとかわいいタイプの車が出る、という内容だ。

 で、である。かわいいタイプの方の機能として、日産の「オートマチック・バレー・パーキング」という技術が紹介されているのだが、どうやら、車庫前で乗り捨てれば、あとは勝手に車庫入れしてくれて自動で充電してくれるらしい。

 わ~、べんり~。

 ってなっちゃうんかねぇ。オレは世も末だと思ったね。オートマチックでさえそう思うのに、車庫入れまで自動でやってくれたらさ、人間って何なのよって。いつの時代もドライビングは人間が「主」であって、車が「従」であることを逸脱してはいけないと思うんだよね。

 これじゃぁ、人間の能力が、どんどん退化していくよ。

 そんな退化した人間が、公道を走りまわったら余計事故が増えるような気もするけど、それもなんたらシステムとか、かんたらテクノロジーとかいう機能がついて、ヘタクソでも事故らないようにしてくれちゃうんだろうな。

 つまらん。

 そんな遊園地の幼児向けゴーカートの延長みたいな車が、楽しい未来を担ってくれるのだろうか。

 何度も転びながら、それを乗り越えて、意のままに自転車に乗れるようになったあの日のような感動。思い描いたライン通りに走れれば楽しいし、そうでなければ悔しい。だからそれを乗り越えたくなる。

 できなかったことができるようになる、もっと上を目指したくなる。

 そういうのが、楽しいはず。向上心と達成感が、人類の発展を担ってきたのではなかったか。

 楽したいって、それってどこまで行っても満たされない欲求なんだよ。どこかで歯止めをかけないといけないと思うんだけど、今回の技術はさすがにそこまではヤバイでしょ、って域に達しちゃっているように思う。

 やがて、ドライブルートは車が全部探してくれて、目的地が何県にあるかなんて知ろうが知るまいが、目的地に向かって勝手に走ってくれて、ドライバーは運転席にちょこんと座っているだけで何もすることがなく、さりとて居眠りでもしようものならセンサーが検知して、シートベルトがぐいぐい動いて起こされる、みたいな拷問のような「未来の車」が生まれるのだろう。

 それって、電車以下だよな?だって、ドライバーだけが不幸じゃん。

 本当にそうなったら、全員がハッピーなラグジュアリーな公共交通の人気が復活するんじゃないかな。今の技術は、目先のことにとらわれて、長期的には自動車離れに向かっているような気がする。

 いつの時代も、人がやることを残しておかなくちゃいけない、僕はそう思うけどね。

日経ビジネス 定期購読1年(50冊) [定期購読]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wolfkai.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントする

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

アイテム

  • WP_20171001_17_08_29_Pro.jpg
  • WP_20171001_16_44_27_Pro.jpg
  • WP_20171001_14_46_28_Pro.jpg
  • 20170910_today180_elise3honmatsu.jpg
  • WP_20170507_10_07_00_Pro_.jpg
  • 20170625_today180_lavieHZ.jpg
  • WP_20170513_06_33_52_Pro.jpg
  • 20140619_twitter_wolfkai.jpg
  • 20170423_elise-180sx.jpg
  • 20170423_elise-dooropen.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12