2012年12月アーカイブ

若さとは、バカさである。

バカさを失わなければ、人は皆、永遠に若者である。
この物語を、すべてのバカ者...、否、若者に捧ぐ。

 うるふは、ゲリキャンの正装である、悪友Z提供のイングランド代表アウェイユニフォーム(赤)に身を包み、極寒の中に飛び出した。もちろん、半袖、短パンのサッカースタイルである。

 「やるよ!」

 引いている。全員完全に引いている。しかし、うるふは動揺した様子も見せず、部屋割の確認作業を行った。これから、ゲリキャンメンバーが躊躇なく、確実に「バカさ」を遂行できるよう、一番最初にバカをやろうという腹なのか。

 群馬県安中市松井田町の碓氷峠くつろぎの郷。恒例の冬ゲリキャンが執り行われている。昨年より、管理棟の調理室を17時から借りている。
 チェックインは15時。あと2時間しかない。それまでに隣の温泉に入り、できるだけ早く食事を開始したい。岩手から参戦のダム屋KKは遅れているが、うるふと悪友Zはその到着を待つことなく、温泉に直行した。
 出る頃になって、悪友N、テレビ屋T、某MAXが入ってきた。
 今から入るのか...。17時が迫っていた。これでは開始が遅れてしまう。
 「何か先にやっておくことがあればやっておくが。」
 うるふは、某MAXとテレビ屋Tにそれぞれ確認したが、ともに返ってきた答えは「不要」とのことだった。

 「これは役割分担が決まっているんでしょう。我々が手を出そうと思ってみても、返ってジャマなんだよ」とは悪友Zの言。その言葉とセットで聞こえてきたのは、ワインのコルク栓を抜く音だ。
 「昨年に引き続き...」
 昨年も悪友Zとうるふの2人は、それぞれの奥様を巻き込み、テレビ屋Tと某MAX、悪友Nに食事作りを押しつけ、自室でワインを堪能していたその張本人たちである。
 今年もそれが可能なような部屋割になっていた。部屋割を考えたのはうるふである。しかしこれに悪意はなく、「各家庭の子供の組み合わせ」がその理由であると、うるふは主張している。
 昨年はここに悪友Nがうるふ、悪友Zを呼びに来て、言葉を失ったという経緯があったが、果たして。
 「だめだよ~。こんなところで油を売ってちゃぁ~」
 昨年同様悪友Nが乱入。しかし、今年はその手にビールが握られている。
 「お。学習したな。」と、うるふ。
 「当然でしょう」悪友Nはうるふの目も見ずに手にしたビールをあおる。これで一蓮托生である。
食事の準備をサボる5人.JPG
 温泉から出たテレビ屋Tと某MAXは確実に調理室で夕食の準備をしている時間である。しかし、この3人+うるふと悪友Z奥様2人の計5名は、協力する様子など微塵も見せず、酒盛りを開始した。

 「おい、こら!」
 調理室は戦場と化していた。件の5人が相当時分遅参して顔を出すと、テレビ屋Tの怒声が飛んだ。いつの間にかダム屋KKも到着している。
 しかし、とりわけここで問題だったのは、悪友Nの奥様、みっちゃんも食卓の準備のメンバーに入っていたことである。ダンナがサボり、奥様が準備をするという形となってしまった。悪友Zとうるふはそれぞれの奥様も同罪としていたのに対し、である。悪事は奥様を巻き込むのが処世術なのである。
戦慄の調理室.JPG

 食事の開始は19時半となってしまった。これは非常に大きな遅れである。食事時間は1時間程度しか取れないだろう。
 「2012年冬ゲリキャン開始しま~す!」
 うるふのバカ声がとどろく。
 この開始の合図も回を重ねるごとに重みを失っている。そうは言っても一応この掛け声で乾杯が行われ、曲がりなりにも2012年冬ゲリキャンが開始された。今年は総勢20名の大所帯である。
夕食開始.JPG
 今回の大きなトピックとしては、もう10年以上前にこのゲリキャン白書に登場した「ダム屋KK娘。」が、奥様の塊にその席を置き、大人のトークに参加していたことである。もう、あと数年で子供たちはみな、こうなっていくのだろう。その時ゲリキャンはどのような形となっているのであろうか。
 その予兆となるのか、次回の夏ゲリキャンは再び「あの頃」のバカさを取り戻すため、男だけで執り行われると既に2012年夏ゲリキャンで周知済みだ。各家庭の子供がそれだけ手がかからなくなってきたという証左である。ゲリキャンを開始当初のものとしたいと思う向きもあるようだが、彼らにとっては長いトンネルの出口が見えてきたと言えよう。
 そしてさらに、今回驚くべき意見が出た。

「次回冬ゲリキャンは沖縄行っちゃいます?!」

 どういういきさつでこのような意見が生まれ出たのかは記憶にない。しかし、この話にゲリキャンメンバーのテンションは一気に天を突いた。それを助長したのは、奥様方の反応であろう。皆、明快な「Yes」の反応を見せたからである。奥様がOKなら実現可能性は極め高い。
 
 そのテンションがなかったことのように、一気に静まり返った。
 「いや、オレは主夫だって完璧にやれるから。ホントね、もっと効率よく進めて余裕で終わらせてやるよ。家事が忙しいなんてありえねぇよ」

 一体、何があったのか?

 バモスをスタッドレスに交換しようと思ったら、スタッドレスがパンクしている事実に気がついた。そう言えば今年の春ころ、パンクしたな。ま~夏タイヤに替えちゃえばいいやと思って、そのままにしてたんだ。

 そう言うことをすると冬になって困ることになる。前輪2本だけ冬タイヤに交換し、後輪2本だけ夏タイヤのまま、僕はスーパーオートバックス熊谷店に行った。

 バモスと180SXのオイル交換も一気にやってしまおうというものである。

 ちなみに、こういう店の人やガススタの人などと話をする時は180SXに乗っていくと良い。「この人はイチから話さなくても分かりそうだ」と思ってもらえる確率が高い。バモスだと「車に詳しくない人かも」と思われ、説明が省略されたり、ウソをつかれたりする。

 ちなみにここでいうウソは騙そうとかそう言う意味ではなくて、全部説明してたら他の色んなところの仕組みまで理解してもらわないといけないから、ちょっと違うけど、てっとり早い言い方しちゃえ、というもの。しかし、こういう扱いを許していたらいつまでたっても車に詳しくなれない。

 せっかく仕事として毎日車を扱っている人と接するのだから、タイヤだけ買って帰ってはもったいない。何物にも代えがたい知識を少しでも多く教えてもらって帰るのだ。そのためには自分も勉強して行かなければ相手もその気にならないし、それを端的に相手に伝えなければならない。

 ただ、「知っている」ことを言葉やしぐさで表現しようとするのは難しい。下手をすると「何知ったかぶってんだこの客は?面倒癖ェな」と逆に悪い印象を持たれたりする。そうならないよう、しっかり聞く姿勢を見せつつ、車は180SXというのは実にスマートな方法だ。

 話をもどそう。

 僕は2本だけ交換しようと思っていたのだが、4本単位でしか売れないという。4の倍数で仕入れていて、在庫もそれを崩したくないのだろう。ま、2005年に買ったタイヤなので、いい機会だから全交換することにした。時期も時期と言うこともあってか、セット価格として少々値引きしてくれた。

DSC04149 - コピー.JPG

 

 ついでにオイル交換も2台分お願いする。

 で、今回オートバックスから来ていたダイレクトメールで初めて知ったのが、5分で終わるクイックメニューみたいなのがあって、ガラス撥水加工やエンジンルームつや出し、車内脱臭が1作業500円というもの。試しにフロントガラスの撥水加工をお願いした。

 作業終了後、ピットに呼ばれたが、どう見ても180SXのフロントガラスは汚いままだったのでちょっと聞いてみると作業を忘れたらしい。しかし、それまでのやりとりである程度のコミュニケーションがうまく行っているので特に悪い気もしない。また待てばいいことだ。僕も大人になった。

 で、作業は本当に5分で終わった。待合室に戻るや否や呼び出された。フロントガラスはピカピカでピットの蛍光灯を映し出していた。

 担当者も少々焦りがあったのか、いつもの流れを崩されてしまったのか、残ったオイルを廃棄するかの確認と、油量の確認作業がないままピットを出た。

 で、帰宅後である。

 まず最初にボンネットが開けっぱなしだったことに気がついた。正確に言えばロックされていない状態と言う意味である。ま、これで油量の確認などはし忘れであることは確実だ。

 で、ふと不安に思ったのがタイヤの空気圧である。

 自分も驚いたのだが、まず、軽自動車はその空気圧が高いということ。確かワゴンRもそうだった。さらに2度驚きなのが、バモスの場合、前後輪の空気圧が異なっており、後ろだけさらに高い350khpなのである。180SXのみならず、その前のS13も、さらに言えばその前のカローラIIにしてみても空気圧が200khpで育ってきた僕にとっては、車はみんな200khpだと思っていたのだが、350khpなんて破裂しないのかよ、と思うくらい異常な値に感じたものである。

 しかしながらMRだからなのだろうか、200khpくらいしか入れないとタイヤは3分の2くらいにつぶれた状態になってしまう。

 実はオートバックスで180SXのガラス撥水加工を再依頼した際、バモスだけピットから出したのだが、ややタイヤがつぶれ気味のような気もしていた。新品タイヤだからか?ゴムの柔らかいスタッドレスだからか?色々考えもしたが、一応、空気圧を測ってみることに...。

 すると、前後輪全て250khpという値であった。

 まぁ、街乗りするくらいだったら問題ないが、燃費は悪いし、タイヤへの負担も大きくなる。30日には恒例の冬ゲリキャンがあり、会場まで1時間程度の高速走行が控えているので、空気圧は適正値にしておきたい。

 ただ、この件に関して僕はオートバックスに対してとやかく言おうとか、もう行くもんかと言う気は特別起きなかった。昔だったらそうしたかもしれないけど、今回はなぜかそう言う気にならなかった。

 おそらく、この日の担当の方とのコミュニケーションの中で、僕なりに真摯な所を感じたからだと思う。

 また、僕も今仕事量が圧倒的に増え、今までは心行くまで確認してからできたことが、できなくなって来ている。ホント今までは5回くらい確認してからお客さまに対応できていたが、今は1回か作業しながらの確認(別途の確認作業なし)かに減っている。そうでないとこなせないのだ。

 僕の仕事はお客様の命や安全にかかわるような内容ではないというのはあれど、自分の現状を思うと、同情のような気持さえ湧いてきてしまうのであった。

 とは言え、このようなミスはともすると大惨事につながりかねないことである。車に関しても、タイヤとブレーキくらいは誰しも適正かどうかの確認ができるようになっているべきだと思う。結局自分が被ることなのだ。信頼できるのは自分しかいない。自分が納得してやったことなら、結果も受け入れられるだろう。

 そしてもし、何かを言うときは、「よく知りもしねェのに何言ってんだ、コイツ」と思われないような知識とコミュニケーション力を身につけることも重要であろう。とりわけコミュニケーション力は大切で、この人は本当に困っている、何とかできるのは自分しかいない、と思わせなければ協力は得られない。

 北風と太陽の話ではないが、「オレはテメェの所為でこんな目に遭わされたんだ!どうしてくれる、出るとこ出てもイイんだぜ!?」みたいな態度で傲慢に押してみても、店側も自らの正当性を主張して徹底抗戦となってしまう。時間がかかるし、疲れるし、思い通りに行ったとしてもその質は事務的で、後味も悪いなど、ろくな結果が生まれない。

 「いや、お客様のおっしゃるとおりです、申し訳ない」と言える(この人なら行ったからと言ってつけ入る人ではない)と思わせ、自分が何とかしなければという使命感を持たせれば、修正後の質はとても良いものになる。

 ...と、ちょっと余計な事まで話が及んでしまった。今回は特にクレームなどは付けず、自分の家で空気を適正値まで入れて完了(上の写真はその状態)。知識があれば、自分も納得し、安心して乗れるのである。車好きで良かったと思う。

Android版FF III

| コメント(0) | トラックバック(0)

  いつの間にか、google playでクレジット払いが出来るようになっていた。どうやら、国内(円)の決済だけは出来るようになったらしい。

 早速、FINAL FANTASY IIIを購入してみた。「III」は、僕が唯一クリアしているFINAL FANTASYシリーズである。多分、中学か高校のどちらかの頃である。 FINAL FANTASYは、ドラクエに比べ、やや僕には合わない所はあったものの、決してつまらないゲームではなかった。音楽も、何曲かは強列に覚えているものもある。いい曲だと思うからだ。

 で、だ。

 やっぱ、こういうのって始めてしまうと止まらないのである。時間がない筈ではなかったか。なぜ、こんな物をやっている時間を捻出できるのだ?

 確かに、一時のピークは過ぎた。そして、冬休みがある。そこに甘えているのか。否、甘えていますです、ハイ。

 しかし、曲は結構覚えているのにも関わらず、ストーリーは殆ど覚えていない。なので、懐かしさだけでなく、結構新鮮な感じと共にプレイできている。

 ただ、僕が知っているファミコン版からリメイクされている部分もかなりあり、一番の変更は3D化されていること。町や城の中、ダンジョン、戦闘シーンなどがそうだ。ま、最近の流れと言えよう。

 臨場感を出す以上の「3D化する意味」があるのか?と言うところが僕としては気になるのだが、一つ面白いと思ったのが、「しらべる」という行動が、2本指で開くような動きをするいわゆるピンチインを使う所。この動作をすると中心の位置に映像がぐーっと寄って、もし何かがあればそこがキラキラ光る、という仕組みである。この寄り方が単なる「拡大」の所作ではなく、拡大しつつ視点が俯瞰から横から見た視点に変化するような動きで、何となく顔を近づけたような感覚が再現されているところが面白い。

 船を取ったところで色んなところに行けちゃうので、次に何をしたらいいのか分からなくなってしまっているけど、どうしようかな。ゆっくりやりたい気持ちもあるし、ある程度時間のある今進めてしまった方が...という気もある。

 この期間に一度クリアして、そのあとは最近流行りの「やりこみ」を、スキマ時間でトライしてみるのもいいかも。

 一度ダウンロードすると、特に通信環境がなくても動作するのがWi-Fi接続環境には嬉しい。レグザタブレットAT570では今のところ問題なく動作している。知らなかったが、動作しない場合などはソフトをアンインストールすることで返金される。

 話はそれるが、レグザタブレットに替えた際、有料のオフィス系アプリをほとんど試した。その際、求めた仕様でないものをアンインストールしようと思ったら、「返金」(←厳密には違う言葉かもしれないが、それ的な意味)のボタンがあって、アンインストールと共に購入が取り消しされた。あまり時間がたたないうちであれば使えるようなので、動作確認だけでもしてみるといいだろう。価格は1400円。僕にとっては、十分価値があるソフトである。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

アイテム

  • 夕食開始.JPG
  • 戦慄の調理室.JPG
  • 食事の準備をサボる5人.JPG
  • DSC04149 - コピー.JPG

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12