2017年4月アーカイブ

180SXの次の車は何か?

このサイトでも何度となく語って来た。もちろん、その時答えがあったわけではない。

あれも良い、これも良いと思って書いたことは全て事実で、次の車の可能性に思い悩みつつも、様々に夢を描いていた。

そして、その一つの答えをここに提示する。

それがロータスエリーゼである。

20170423_elise-dooropen.jpg

インプレッサの様な"戦闘機"にも興味はあった。ワゴンタイプにすれば荷物も載っただろう。
しかし、街中でよく見かけるというのが非常に面白くなかった。
自らが追って来た軽量化。そして、如何にテクノロジーが進化しようとも、車をドライブするのは最後まで人間なんだ、ということ。

それを実感できる車。
そして、現実的に買える車。

となれば、これしかなかった。ロータスエリーゼもしくはエキシージは常に頭にちらついては、いた。

しかし、あまりこの場で話題にしてこなかったのは、この車ではサッカーのチーム代表をやったり(荷物が多い)、車中泊をしたりと言うことができなくなるからだ。

そんな折、何気なくロータスエリーゼで検索して、ヒットしたページに釘付けとなった。

ロータスエリーゼsr2ガルウィング

そんなの、ない。前オーナー様が改造したのだろうが、誰も乗っていない車と言う点に於いて、尖り過ぎている。
こんなのは、二度とない。

-いつか、乗りたい-

みんな、そう思う。では、その"いつか"はいつなのか?
別に他人のネタを奪う訳ではないが、

今でしょ?!

これ以外に合う言葉がない。
いつかって、いつだ?

子供たちが大学卒業したらか?就職したらか?
いいけど、その時僕は53歳。今でさえ体の衰えのスピードに驚嘆しているのにこれが加速して10年後なんて、そんな車乗れなくなっているかもしれない。
子供が予定通り卒業、就職するとも限らない。
その時我々の親は80歳目前。介護施設に入って毎月10万円かかるかもしれない。

エリーゼとは言え、今、これだけの出費をするのは苦しい。
しかし、この先は"不可能"になる公算が高い。なったらもう、時間は元には戻らない。

見つけたのは日曜夜。月と火は定休日と言うそのディーラーのスケジュールを利用し、二日間、冷静に考えることにした。それで、気持ちが変わらなければ買おう。
かくして、僕はその週の木曜日、会社に午後半休を申し入れ、ガルウィングのエリーゼと対峙したのである。

乗ってみたが、180SXを運転していた感覚を総動員してみれば、重ステであることと、ブレーキの倍力装置がないことで多少ギクシャクしたものの、運動神経に乏しい僕でも大きな違和感はなかった。これならドライブできる、そう確信した。
内装も若干ヤレていたが、車を大事に乗ったことがない僕は、逆に気後れする程奇麗でもまた困ると思っていたので、それも良かった。
僕はその場でサインした。営業担当氏の"こんな簡単に売れたよ"と言う表情が忘れられない。

納車は4月1日エイプリルフール。ネタとしては最高だ。そう言えばピパ子氏との結婚もエイプリルフールの仏滅だったな。思えば人生ほとんど冗談で生きている。

さて。

読者諸氏の気になっている点はもう一つあろう。180SXは、どうしたんだ?"今日あたりの180SX"は、どうなってしまうんだ?これである。
実はちゃんと持っている。近所に別に駐車場を借りて維持することにした。

20170423_elise-180sx.jpg

ロータスエリーゼではこれまでの生活は出来ないし、金銭的にも維持出来なくなるかもしれない。

その時は直ぐにエリーゼを手放し、元の180SXの生活に戻ればいい。
だって、ひとつの夢はもう、叶ったのだから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

アイテム

  • 20170423_elise-180sx.jpg
  • 20170423_elise-dooropen.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12