2017年12月アーカイブ

 ついに、Windows Mobile 10と別れを告げることになった。

DSC05650.JPG


 今、Androidかi OSのどちらかの端末を有していないと、"普通の"サービスを受けることができない。

 もちろん、それはある程度は分かっていたことなのだが、まぁまた生活が変わると使うサービスも変わってくるのも事実。

 例えば、最近はいろいろなサービスがスマホアプリ化されていいて、「こちらからダウンロード」などと言われるが、もちろん、AndroidとiPhoneしかない。

 Web上だけではない。最近は、店頭でその場でアプリをダウンロードさせる、ということも良くある。

 何度かあったが、店頭などでそういう事を熱心に言ってくる店員さんもいて、「できない」と答えても、「いや、簡単ですよ。もし良かったらやりますよ。」と引き下がらないケースもあった。
 オジサンだからアプリのダウンロードの仕方も知らないんだろ、と思われているようだ。本当はWindows Mobileだから「できない」のであって、オレに能力がないわけではない。こうなると逆にWindows Mobileについてこっちが説明してやらなきゃいけなくなり、実に面倒だ。

 面倒だから、「じゃぁやって」と渡してやる。渡す前に意地悪く「できるの?」と、確認して「できますよ」と言わせてから渡す、と言う手順ははしっかり踏んでおく。

 無論、その店員さんはWindows Mobileなんて見たこともない。何しろわが国でのシェアは1%を切っている特殊なOSだ。画面を見た瞬間、顔色が変わる。

 それでも、パソコンを触ったことのある人なら、辛うじてMicrosoft Storeにたどり着くケースもあるが、そこで検索した結果を見て自分がこの申し出をしたことを初めて後悔するのだ。

「できないよね?」
「...できない...ですね」

 だから最初に言っただろ、とばかりにVAIOを回収する。最初に言った通りだと言うことに優越感もあったりするが、冷静に考えると実におかしな話だ。この熱心な店員は何も悪くない。

 悪いのは誰だ?

 こんなOSを出したMicrosoftか?
 それを支援しなかったユーザーか?
 そんなOSを選んでしまった僕なのか?

 それよりも何よりも、ここにできた不必要なテンションは何なんだ。実に面倒くさい。

 こんなことを繰り返す度、スマホが一つのコミュニケーションツールとなった今、自分の拘りだけを通すことに少々疲れを感じていた。

 悪いのが誰かは判然としないが、結局は僕が己の財を投じてこの状況を改善することにしたのだ。

 VAIO Phone Bizは本当に良い端末だったと思う。持っていて楽しかったし、やっぱり僕は"普通じゃない"というところに強く惹かれる性分のようだ。変わったものを持っている、という悦びは間違いなく、あった。しかし、それ故に世の中で提供されるサービスも極めて限られたものになってしまったのだ。その悦びと利便性のバランスが崩れてしまった、そういうことだろう。

 で、次は何を買うか。iPhoneはない。SIMカードはVAIOのものをそのまま利用するのでSIMフリー端末。だからできればマイクロSIMがいいが、3000円払えばサイズ変更も可能だから、絶対ではない。

 Androidとなるならもう"普通"だ。もう何でもいい。若干、自暴自棄感がある自分がいる。

 今は若干金欠気味なので、5万も6万もするような端末は手が出ない。それに、そんな高額の端末についているような機能が本当に必要なのかというと、恐らくそんなことはない。

 ということで、最初のターゲットは、Huawei P9 liteであった(nanoSIMだが)。コストと機能のバランスがいいという触れ込みだ。

 僕はネットで買うタイプではないので、アキバを散策する。自分の生活の中で丁度そう言う時間を取れるタイミングがあったのも功を奏した。このチャンスを逃せば次はいつ来るかしれない。

 店頭を見てみると、気になったのは他に色々出てきたが、その中で、FREETELの雷神というのが気になった。価格の割にはメモリ4MB、トレージ64GBと同じ価格帯の端末より優れている。SIMはマイクロSIMで今のものがそのまま使える。そして、OSがAndroid7というのも気に入った。長く使うならOSは少しでも新しい方がいい。CPUはMT6750T Octa Coreと言うもので聞いたことはない。スマホ系のCPUにもう詳しくないが、何となくOcta Coreに騙されてはいけないような気もした。パソコンで言うとATOMのような、字面では凄そうだが実際使ってみると遅すぎて全く使えない(複数回の経験に依るATOMへの恨み節)CPUなのかも、という気持ちがよぎったが、僕はスマホゲームとかはしないので、CPUにそれほどこだわらなくても大丈夫かな、と思い、それ以上考えないことにした。

 この端末の最大の売りは5,000mAという超巨大バッテリーとのこと。少し前のモバイルバッテリークラスだ。ちなみに電源ケーブルは表裏どちらにも挿せるTypeCというもの。microBとの互換性はない。付属品の1本以外のケーブルが欲しければ新たに買わねばならない。

 VAIO Phone Bizはバッテリーの持ちは極めて優れていた。これはWindows Mobileの軽さもあるのだろうが、待ち受けにしているだけなら1日たっても10%も減らない。1日くらい充電を忘れても不安はなかった。購入から1年使用しても、バッテリーが劣化することはなく、この状態は維持されている。この生活に慣れてしまったので、常にバッテリーを気にするような生活にはなりたくなかった。

 カメラ性能にもほとんど興味はない。僕の今の生活では、画素については、もうこれ以上増やさなくていいくらいに思っている。撮った画像が逆にデカすぎて、メールで送るにもWebにアップするにも面倒で仕方ない。だからカメラはついていればいい。

 ということで、FREETELのRAIJINにした。価格は25,800円。色はVAIO Phone Bizと同じシルバー。これなら買い替えたことに気づかれない。普段カネがないと言っているので、それに逆行するスマホ買い替えは秘匿するのが一番だ。妻ピパ子氏とのカネ論争はすぐに「エリーゼを手放せ」運動に発展するので極力避けたい。

DSC05602.JPG

DSC05604.JPG
 一番心配だったのが楽天モバイルのHPにRAIJINが対応機種として載っていなかったこと。しかしながらドコモ回線だしTREETELの他の端末には対応している為、多分大丈夫だろうという楽観論に基づいて買った。

 実際の所は、SIMを刺しただけで何もしなくてOK。設定画面を開いてみたが、どういうわけか、もう設定したい状態になっていた。少なくとも、電話とデータ通信はできる状態には、何の問題もなくたどり着いた。

 カメラの画像は全てmicroSDに入れていたので、それをそのままDCIMの下のCameraというフォルダにコピーで問題なし。

 だいぶ前にこのブログでも紹介した、「マッピング」というアプリケーション。僕はこれだけのために使い古した当時のWILLCOMのAndroid端末をVAIO Phone Bizと共に持ち歩いていたが、このデータもバックアップ→復元で問題なく引き継げた。これでスマホ2台持ちからも解放される。

 LINEはVAIO Phone Bizからの引継ぎだが、アカウント引継ぎ設定という機能を使用。この機能をONにすれば、24時間以内に作業すれば別の端末にLINEのアカウントを引き継げる。但し、会話の履歴はすべて古い端末に置いていくことになってしまう。LINEで画像や電話番号などをやり取りしたままになっている場合はダウンロードしておかなければならない。

 facebookやGmailなどは単にログインすればいいだけで何も作業は必要ない。これで、以降作業はほとんど済んでしまった。

 RAIJINは、指紋認証機能もついている。電源ボタンを特に押すこともなく、OFF時であっても指紋認証部分を触っても電源が入ると同時にログインも完了。もちろん、PINやパターンでもログイン可能。僕は、指紋認証でも、PINでもどちらでもログインできるようにしている。パターンは操作する所を見られたら一発で覚えられてしまうのでセキュリティとしては非常にぜい弱だと思う。

DSC05605.JPG
画面下に指紋のマーク。本体を持った時、丁度人差し指が来るあたりに指紋認証の機能がある。

 ...ということで、これでスマホ2台持ち(会社携帯を持つ時は3台持ち)生活から解放されることとなりかなり身軽になった。Androidと言う普通のOSだが、普通のサービスが受けられるのもまた事実。

 これからどんなスマホ生活が待っているのか楽しみである。

今日あたりの180SX走行距離:305,788km

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のブログ記事

アーカイブ

アイテム

  • DSC05650.JPG
  • DSC05605.JPG
  • DSC05604.JPG
  • DSC05602.JPG

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12