2018年5月アーカイブ

 夢と言うのは、思い描いて強く求めれば、達成できるものである。

 僕は、これまでにそれを実際に体験してきた。

 口で言っても、ノートに書いても、それだけでは神様は夢をかなえてはくれない。自分自身の、心の奥底に「こんな夢は叶いっこない」という気持ちがあれば、それは簡単に見抜かれてしまう。思いが弱ければ、叶う夢は"それなり"になってしまう。

 そんな中、今僕が強く思うのは、ガレージである。ガレージはずっと昔からの憧れで、もちろんエリーゼを買う前からずっと思っていたことだ。

 しかし、それはやはり叶える気持ちが弱かったように思う。最大のチャンスは、約10年前に今の家を買う時であったはずだが、そのような物件を選ぶことはなかった。

 詳しくは話せないが、いくつかの仕事の成功や、エリーゼを買ったことで、夢は叶うということを強く意識するようになった。

 オンを戦い抜くために、オフは質の高い時間を過ごしたい。その一つが、やはり車と過ごす時間である。

 で、である。

today180_20280527.jpg
こういうことをやりたい。
しかし、これからの時期は単に蚊に餌を与えるだけである。

 このようなシーンは非常に優雅で質の高い時間を過ごしているように見えることであろう。

 だが、現実はこのようなことができる時期は極めて短い。冬は寒くてできないし、夏は5分もしないうちに耳元に蚊の羽音がして来る。払っているうちに足元を数か所やられている。

 そうするともう、このようなことは継続は不可能だ。痒くて痒くて頭がおかしくなりそうになる。早々に家に逃げ込むことになる。

 まぁ、虫除けとか蚊取り線香とか、そうした対策をするという方法もあるが、ガレージがあれば、冬でも平日の夜でも車と一緒に過ごせる。車いじりの道具も今以上にそろえ、大型のものも収納できるようになる。

 できれば、今ある3台の車を全て納められるガレージがあれば最高だが、今の家ではそれは現実的には無理だ。やろうとすれば3台縦入れとなるが、それは非常に使いづらいし、部屋に全く日が入らなくなる。どこか別の物件を探すか、周囲の家が売りに出されたときに買い足して合筆するしかない。

 そんなことをしようと思えば、相当のカネが必要である。今の会社で普通に稼いでいたのでは到底無理だろう。

 投資だ。それしかない。

 ...ってもう、だいぶ前からやってるけど。
 もっと本腰を入れてやるしかない。勉強して技術を磨き、投資額を増やす。支出を減らし、家のローンを繰り上げ返済する。これを徹底しなければならない。

 歳を重ね、時間が無くなってきたことを感じる。出来ればまだ体力的に余裕があるうちにいろんな車に乗りたいし、夢も叶えたい。

 いつまでに?夢には期限が必要だ。

 孫だね。

 自分は、Kが子供の時、雨の日に遊ばせる場所がなくて非常に困った。Kに子供ができるまでに、車を数台入れてもまだ子供が遊べるスペースがあるくらいのガレージが欲しいね。

 傍らにはプラレールやNゲージのレイアウトがあって...。子供は電車も好きだからね。自分もそうだったし、Kもそうだった。

 でもやっぱりカッコいい車も小さいうちから見せてあげたい。その頃の世の中にどんな車があるかは知らないが、カッコイイとはこういうことだ、というものを目の当たりにさせてあげたい。

 叶うわけないって?そう思ってしまったら絶対に叶わない。夢を描くのは僕の自由だし、誰に迷惑をかけることでもない。後は、その思いの強さを神様に試される、ただそれだけである。
 エリーゼのエアコンの件についてはだいぶここにも書いているので省略するが、エアコンガスの補充を自分でできないか、ということが常々心のどこかに引っかかっていた。

 Webで時々検索しては、どうやら自分でもできるらしい、ということには気づいていた。

 交換用部品の発注はしくれている(はず)だが、いまだに何の音沙汰もない。

 これからの梅雨の時期、またガラスは曇りまくるだろうし、梅雨が明ければ灼熱地獄だ。

 ということで、今回はエアコンガスチャージをしたい欲が爆発した。来週からサッカーが再び始まってこのような時間が取れなくなる。やるなら今日だ。

 エアコンガスを簡易的に重点出来るホースがアストロプロダクツで売っていることはWebで偶然知った。

 今回は桶川店に行ってみたが、あった。チャージングホースとHFC-134aを1缶を購入。

DSC06037.JPG
 エアコンガスの補充も今回が初めて。高圧ガスというだけでかなりビビりながらやったのですが、失敗しながらもうまくいきました。

 交換の様子は動画にもしたので、そちらもご参照ください。


 動画はいろいろ失敗したシーンも含めておりますが、作業する方のためにまとめだけ記しておきたいと思います。

 1.缶をチャージングホースに取り付ける。
  この時、蝶ネジを緩める方に回し、針をひっこめた状態にしておくこと。
  万一、ガスチャージの必要がなかった時に缶に穴が開いてしまうと再利用できなくなる。

 2.低圧側にチャージングホースのソケットを取り付ける。
  高圧側につけると壊れると、いろんなところに書かれているが、大きさが違って取り付けはできない。
  一応、ソケットの外径が小さい方が低圧側。

 3.一旦、缶を緩め、チャージングホース内の空気を抜く。
  チャージングホース内にある空気をエアコンの配管内に入れないようにするため、缶を緩めてエアコンの配管内の圧力でホース内の空気を押し出す。
  ガスが抜けまくっていた僕のエリーゼでも、一応ガスが出たので、ヌケヌケでも一応この作業はしておこう。

 4.エンジンをかけ、エアコンを最強にし、室内循環にする
  エリーゼの場合、送風にした後、エアコンを動作させるボタンを押さないとエアコンが作動しない。
  オーナーは当然分かっているはずなのだが、こういう作業をするときは平常心でないのか忘れるので注意。僕は忘れました。

 5.この状態でゲージの値がFULLレベルにあった場合は、重点は不要なので作業を中止する。
  今回の動画ではエアコンをつけ忘れて送風のみ、蝶ネジも戻していない状態でゲージを見るという失敗をしている。

 6.エアコンガスが足りないことが判明したら、蝶ネジを締め込んで缶に穴をあけ、再び緩めてガス缶のガスをエアコン配管内にチャージする。
  僕は緩めるのを忘れて一生懸命缶を振っておりましたが...。

 7.ゲージの針が動かなくなるまでガスを入れる。
  FULLの半分くらいまでで丁度止まった。もう1本入れたら黄色のALERTギリギリくらいまで行くのではなかろうか。
  今回は1本しか買っていないのでここで終了。

 8.ソケットをエリーゼの配管から抜き、缶もホースから外す。
  もう1本追加で入れたい場合は、1から繰り返す。

 ...で、良いと思う。

 ちなみに、180SXはこの形状ではなく、R12という古いタイプのエアコンガスだった。当時はフロンガスを使用していたタイプのようである。ガスを間違えると壊れるということであるが、こちらも間違えることのないよう、ソケットの形状が異なっている。

 今は、R12のタイプでも、オゾン層の破壊の恐れのない、代替フロンのガスになっているようだ。

 今回も色々とあったが、振り返ってみるとそれほど難しいことはなかった。134aのガスも、それほど危険ということはないようである。

 ただ、いかなる作業も絶対の安全ということはない。出来れば詳しい人と一緒に行い、自己の安全は自己の判断で確保したうえで行ってほしい。ここに書いた方法はあくまでも今回僕がやったやり方の記録である。

今日あたりの180SX走行距離:306,813km
 エリーゼのオイル交換は急務である。

 何度も言うことになってしまうが、エリーゼのエアコン修理にディーラーに出したのが2月18日。同時にオイル交換などその他作業も依頼した。

 もうすぐ購入から1年になるし(修理依頼時点で。今となってはもう1年が経過してしまった)、エアコンは無償修理の対象なので、タダで修理するメニューだけと言うのも、これからお付き合いしていくディーラーさんにもアレかな、と言う意味もある。

 繰り返しになってしまうが、結局修理が進まないままエリーゼを返してもらったという経緯があるので(エアコンの部品はまだイギリスから来ていないようだ)、このままだと1年1万km行ってしまいそうな勢いなので、いい加減ヤバイと思っていた。

 しかもここにきて、重篤な金欠病に罹患している。ディーラーでのオイル交換はざっと2万5千円とのことで、いつ来るかわからないパーツと共に2万5千円の支出を待っていてもしょうがないと踏み、自分でオイル交換をすると決意した。

 オイル交換。車に乗るなら基本中の基本のメンテナンスだが、実は僕は自分でやったことがない。

 二十余年のクルマ生活で、オイル交換はすべてオートバックスに頼んでいた。会員になれば、オイル代だけで交換してくれて、廃油まで処分してくれるんだから、トータルで見たら安い、と言うのがその理由だ。

 しかし、今はカネがない。オートバックスで買うオイルが、ホームセンターではかなり安く売られていることは相当前から分かっていた。

 失う時間は膨大だが、単にカネだけで言えば自分で換えた方が、安い。間違いない。

 自分でやれば、1ランク上のオイルを入れてやれる。ましてや、ディーラーでやる2万5千円と比較するなら、同じランク換算で5回くらいはオイル交換できる、いや、もっとかも。
 そして何より、自分でやる、ということで得られる経験、そして縮まる車との距離。これは何物にも代え難い。

 とかなんとか理由をつけて、自分で交換することに踏み出した。オイルジョッキなど、若干の初期投資はあったが、それでも同じオイルをオートバックスではなくホームセンターで買っただけでひっくり返せ価格だ。

 



 そんなわけで、自分で初めてやったオイル交換。色々あったが、まぁ、何とかうまくいきました。

 知っている人にとっては、何こんなこと書いて動画まで撮っちゃってるの、となるかも知れないが、自分自身、今回のオイル交換の方法を色々調べたかったが、結局詳しいものを見つけることはできなかった。

 探している人もまたいる、そう信じて載せるものである。

 なんでも初めてというのは、得るものは大きい。ウチも車3台あるんだから、デカい缶でオイル買って全車自分で交換するというのもアリかもしれない。そうしたら、入れるオイルはエリーゼに付き合ってもらうことになるが、NOTEなどはあんまり適していないオイルになっちゃうんだろうなぁ。

今日あたりの180SX走行距離:306,808km

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

アイテム

  • today180_20280527.jpg
  • DSC06037.JPG

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12