久々にヤバいと思った台風19号

| コメント(0) | トラックバック(0)
 台風が過ぎ、幸いなことに僕と僕の家族は無事だった。180SXも、エリーゼも。有難い。

 僕の住んでいる辺りは、本当に災害に疎い地域だと思う。海もない、火山もない、崩れる斜面があるわけでもない。来るとすれば今回のような台風か、地震で自宅が崩れるくらいのものであろう。

 その台風だって、ほとんどが関東に来る頃にはだいぶ勢力が収まっているのが通例で、いつも言うほどの被害がないまま過ぎていく。

 子供のころは、台風なんか結構、「来て欲しい」くらいな感じで、小学校の時に一度、今回の時くらい荒川が今回くらいの所まで来て、田んぼも全部水に浸かって、家の周りに関していえばその時は今回以上だったけど、荷物を2回に上げながら結構ワクワクしたりしてた。

 それ以降、自分にとってあんまり大きな被害をもたらした台風と言うのは、大学のころにもう一回あったくらいか。あの時は、自分たちも地元悪友と河原でゲリキャンやってて、あれが一番命の危険があったな。

 しかしながら、大人になると、色々そうした経験もして、知識もついてきて、家も持って、家族もできて、となるとだんだんそんな気もなくなってくる。

 そして、今回は、マジで止めてって思ったのはやはりエリーゼであろう。

 そんなこと書いている時点で、まだ甘い且つ不謹慎だとは思うのだが、事実、心の中はそうである。

 今の家は本当に丈夫に造られていると思う。会社、実家、いろんなところにいる可能性があるが、僕が生活している中では自宅が一番安全に作られている気がする。

 荒川は結構近くて、しかも僕の家は大きく湾曲している頂点のアウトコース側にあるので、実際今回、「決壊の可能性あり」と防災放送があった時はかなり焦ったが、そうなったときはもう、一個の命と自分の家族を守ることに専念し、ほかの何を失っても、それさえ助かれば、と言う状況であろう。

today180_20191013_arakawa.jpg

 実際、今回はそれも想定した。

 が、一方では結局そうはならずに過ぎ去る、ということももちろん想定している。

 そんな中でも、エリーゼだけはオシャカになる、という可能性はある。

 瓦が一枚飛んで来て刺されば、それで終わる。(終わりまでは行かないか。だいぶ出費はあるだろうけど。)

 今回荒川もヤバかったが、別の川が自宅の目の前にあり、ニュースにもならないであろうが、そこが氾濫しても水没車になってしまう。

 これまでは本当に安いクルマしか持っていなかったので、心のどこかに「また買える」という気持ちはあったが、エリーゼとなると、いくら「庶民にも買えるスーパーカー」とか言ってても、僕にとってはさすがに「また買えばいい」シロモノではない。

 普段の生活に対してはそれ程のインパクトがないレベルの災害で、数日後からは何事もなかったようにいつもの生活が始まるような中で、エリーゼだけ失う、と言うのはちょっときついかな。

 いつもはどうしても遠い世界の事のように感じて見ている災害のニュースも、少なくとも昨夜は自分事として降りかかった。それは「大したことなかった」方に振れても、失うかもしれない儚くも大きな財産を持ったからだと思う。

 だからこそなのだが、ここから何を学べるのか。

 今回もまた、神様に試されたのである。今のうちに対策しとけよ、と。そして、今回の事で災害のあった他の地域を自分事として助けられるようになれ、と。

 これまでの生活が、今日からできることに感謝し、できる協力はしていこう。

今日あたりの180SX走行距離:309,795km

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wolfkai.com/mt/mt-tb.cgi/152

コメントする

ウェブページ

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

アイテム

  • today180_elise_shako12.jpg
  • today180_elise_shako10.JPG
  • today180_elise_shako09.JPG
  • today180_elise_shako08.JPG
  • today180_elise_shako07.JPG
  • today180_elise_shako06.JPG
  • today180_elise_shako05.JPG
  • today180_elise_shako04.JPG
  • today180_elise_shako03.JPG
  • today180_elise_shako02.JPG