サラリーマンでは幸せにはなれない?

| コメント(0) | トラックバック(0)
-サラリーマンでは一生幸せになれない-

 今、僕の頭の中でかなりフォーカスされている言葉である。これは悪魔のささやきなのか、神の導きなのか。いづれにしても、今僕の心の中に浮いては沈み、寄せては返しして、いつも頭によぎるのである。

today180_20200131_ratrace.jpg

 では今、幸せではないのか?と、問われると返答に困る。
 幸せでないわけではない。エリーゼという一つの夢も果たし、子供たちも思い描いていたよりもずっとよく育ってくれていると言って良いだろう。

 ではなぜ、返答に困るのか?

 まぁやはり、時間がなさすぎる。そしてカネもまた同様に、ない。
 したがって、妻のピパ子氏もパートで働きに出ている。ピパ子氏はすべての分野ではないが、そうと決めたらとにかく高いレベルを求めるタイプなので、子育ても自分でかなりハードルを上げていて、こちらにもかなりの労力をかけている。
 外で働き、家でも働き...。休みがない。

 僕はというと、昨年部署が異動になって、かなり大変になった。異動して仕事を覚えるまでも大変だし、そもそもこの部署の仕事が大変(そういう表現にとどめておく)。
 僕もまた土日は少年サッカーと自分のサッカーがある。そんなのやめればいいじゃん、ってのはあるかもしれないけど、それはまた別の機会に書くけど、やっぱ、それは出来ないですよ。

 つまり、もう、ゴールの見えない労働に追われ、時間がないから生活を見直す余裕もなく、とにかく昨日と同じことを繰り返すのみ...(そこまでじゃないけど)。

 何か、ほとんどグチだな。ていうか、僕のブログはこんなことしか書いていない気がする。できれば僕のブログを見てハッピーになってもらいたいのだが、どうもいつも逆行した内容になってしまう。ま、こんな生活に「オレも同じだよ!」って共感してもらうしかないですかね。

 で、冒頭の部分になるが、やっぱりサラリーマンは幸せにはなれないのか...ってことを、改めて、身に染みて、感じているわけなのである。

 これは、かつて読んだ「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」にも、もう、のっけから書かれていることだ。
 労働者、経営者、ビジネスオーナー、投資家、将来どのタイプで働くか。もちろん、一番幸せになれないのは労働者であると、その本では言っている。

 最近YouTubeもよく見るけど、イケハヤ大学でも、マナブログでも同じことを言っている。これはたぶん、ビジネスオーナーや投資家の目線から出ないと、見通せない視点なのかもしれない。

 もちろん僕は前出の本で言う「キャッシュフロークワドランド」で言えば、今バリバリの労働者の象限に位置しており、それより高い位置にある経営者、ビジネスオーナー、投資家については良く見ることができない、ということなのだろう。どうやったらその世界に行けるのか。センスの問題もあると思うが抜け出そうとしても全く抜け出せない。

 そう、金持ち本の基本の書「金持ち父さん貧乏父さん」で言われていた、ラットレースから、本当に抜け出せないのだ。
 抜け出すための投資(カネだけではない、時間とか勉強も含む)出来そうかな、と思うと、何かしら次の出費があったりして、元に引き戻される。本当にこのラットレースに入ってしまったら、脱出するのは困難なのだ。

 そんな状況だから、やっぱりピパ子氏とは喧嘩することの方が多くなる。ピパ子氏には本当に感謝していて、彼女がいなければ今の僕も、子供たちのこれほどまでの立派な成長はなかった。

 でも、そうした感謝の言葉は言わなくても日々は回るので、言う機会はまず、ない。しかしながら、不平不満はすぐに口から飛び出してしまう。一つ愚痴言ったら3つ感謝するくらいにしよう。今年はそうしよう。ここに書いても意味ないんだよね、彼女は読んでないんだから。

 じゃぁ、僕はここから抜け出す努力はしてこなかったのかというと、結構していた、と自己評価では思う。
 でも、結果が伴っていないということは、そんなレベルじゃやったと言えない程度の努力なんだと思う。できている人はもっと真摯にこの問題に立ち向かったはずだ。

 もちろんこういうことに対するセンスがない、理解力がない、そう言うこともあるだろう。

 それでも、これがダメな中でも一番結果を出している投資なんかはずっとしてきたし(たまると、子供の塾やら何やらでまた戻る...。後、エリーゼもですね。お金はかからない方ですが、そうは言っても車余計に1台持っているわけなんで...)、YouTubeも初めて、このサイトにもなりふり構わずgoogle AdSense広告を貼ることにした。

 自らがこのラットレースから抜け出すこと。そして、そのノウハウを以て子供たちをこのラットレースに入れないこと。
 もう、時間がないのである。50歳は目の前だし、長男の就職も数年後に迫っている。もう、格好つけている場合じゃない。

 ここにはそういった奮闘の様子も記録していくつもりである。皆様にとって、良い例、失敗例になれば幸いである。

今日あたりの180SX走行距離:310,846km

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wolfkai.com/mt/mt-tb.cgi/157

コメントする

ウェブページ

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

アイテム

  • today180_20200406_new180sx-p.JPG
  • 20200405_blog_note_n_elise_home-P.jpg
  • today180_20200405_sake_elise.JPG
  • today180_20200405_sakura_elise.JPG
  • under180.jpg
  • b_course.jpg
  • 0012_078.jpg
  • 0012_070.jpg
  • 0012_66.jpg
  • 0012_061.jpg