質問!エリーゼは車高が低いから普段乗りは無理ですよね?

| コメント(0) | トラックバック(0)
 エリーゼが街中を走っていると、一般の人は、まずはその屋根の低さで、普通の車ではないと感じるようだ。実際乗ってみても、アイポイントが低いことは間違いない。夜は、普通車のロービームでさえ、まぶしく感じるのである。ただ、最低地上高は...?ヨシ、実験だ!

■このブログの内容

  ・最低地上高計測器を作る!ツーバイフォー材の幅が約9㎝ 
 ・エリーゼの最低地上高は?
 ・我が家のオフロード車、180SXと比較する 
 

同じ内容の動画もあります。
この記事にはない、身体を張った大実験もありますのでご覧ください!


today180_elise_shako11.jpg
 上の写真は、我が家のクルマ3兄弟である。背の順となっているが、当然、最も背が低いのはエリーゼである。180SXは車高調が入っているが、エリーゼで行けない所にも行くため、下げ幅は控えめにしてある。その為、アイポイントは高く、エリーゼに乗り換えると、違いはすぐに分かる。

 そのようなエリーゼだから、僕は、最低地上高も、エリーゼが一番低いと、認識するものである。アイポイントは低いし、着座位置も低い。ならば車体の床も低い。...はずだ。
 ただ、言われてみれば実際に計測したことはないが...。

 エリーゼで日常生活を送ろうとするなら、天井の低さが関係するのは乗り心地程度の物である。

 しかしながら、最低地上高はそうは行かない。保安基準である9cmは必須としても、コンビニや、踏切など、シャコタン車を悩ませるポイントはたくさんある。

 人によって何が日常か?これは異なる。釣りやキャンプがしたければ、ある程度の車高は欲しいし、変な段差がない所だけで十分生活できる、と言う方もあろう。

 とは言え、エリーゼの最低地上高を知っておく必要はあるし、これからエリーゼを買って通勤や買い物にも使おうと考えている方には、この実験は有益なはずだ。


■最低地上高計測器を作る ツーバイフォー材の幅が約9cm

 最低地上高を測るのは結構難しい。エリーゼのように車体底面がまっ平な車ならいいが、そんな車はほとんどない。

today180_elise_shako01.JPG
 なので、このようなものを作った。ツーバイフォーの端材をこれまた持ち手となる端材の板につなぎ合わせたもの。これを低そうな場所に差し込んで計測する。ツーバイフォー材の幅は9㎝弱であり、保安基準クリアの目安には丁度良い。

today180_elise_shako02.JPG
 今回は、持ち手となる端材の板との接合に鉄製のプレートを使用し、この高さを含めてキレイに9㎝となった。なお、買った端材がたまたまそうだっただけだが90度回転させて使うと12㎝。最低地上高ギリギリ、と言うのはあまりないと思うので、これは丁度良い偶然。サイズ合わせの断裁などは一切なしで、価格は10円。



■エリーゼの最低地上高は?
today180_elise_shako03.JPG
 まずはアプローチアングル。最初にぶつかりそうなポイントは、フロントスポイラーのこの低い部分。タイヤ接地部分から約60㎝の所にある。


today180_elise_shako04.JPG
 じゃぁ、測ってみましょう。

 ...え...?

 エリーゼさん、意外と最低地上高は確保されていらっしゃる...?んですね...。自作計測器の向きを縦に使用しているので、何と12㎝が余裕ということ。14㎝くらいクリアランスはありそう。


today180_elise_shako05.JPG
 もっと低そうな場所はないかな...?ということで、フロントカウル後端がちょっと垂れ下がったようになっている。見た目からしてここで大体13㎝くらいだと思われる。

 ただし、ここはもし当たったとしても、そのまま前進するのであれば、当たった障害物にカウルが押し上げられる感じで突破できるだろう。こすりはするが、大きなダメージには至らなそうだ。やりたくないけど。
 ただ、バックで引っかかったら向きが逆なのでアウトである。カウルがめくれあがって割れる。それは絶対にやってはならない。



today180_elise_shako06.JPG
 では、車体中央はどうか。ここも十分余裕あり。エリーゼの車体底面は完全にフラット。飛び出した部分はボルトの頭になるが、13㎝以上は確実にある。本稿とは関係ないが、本当に効率の良い底面をしていると、惚れ惚れする。

 ...と言うことで、僕のエリーゼの最低地上高は13㎝程度、ということになる。買ってから車高はいじっていないが、この高さなら多分ノーマルだと思って間違いなかろう。

 車高調などを入れている場合は、同じような装置を手作りするなどして調査して頂ければ幸いである。


■我が家のオフロード車、180SXの最低地上高と比較してみる

 我が家の180SXは時にオフロード車として扱われる。これで、釣りに行ったり河原のキャンプに行ったり、昔はゲリラ実験室という企画でオフロードも随分走った。そういう使い方もするもんだから、車高調は入っているが、設定は高めにしている。ノーマルよりは下がっているかと思うが、その下げ幅は最小限だ。

today180_elise_shako07.JPG

 まずは、アプローチアングルの比較。エリーゼ同様にタイヤ接地面から当たりそうな場所は先端ではなさそうだ。その部分で測ってみると、約65cmとなった。

 あれ...?エリーゼは60cmなので、180SXの方が悪路走破性は低いことになります...が。

 ま、いいか。で、最低地上高は...?エリーゼとまったく同じ自作の最低地上高計測器で測ってみた。

today180_elise_shako08.JPG
 あれ...?おかしいな。12㎝ないぞ。


today180_elise_shako09.JPG
 え? え?
 車体中央のフレーム部分だが、ここもやはり11㎝くらい...。

today180_elise_shako10.JPG
 純正に換えてから、まったく地面に当たらなくなったタイコ部分もこれで測ると11㎝くらい。

 ...と、言うことは?

最低地上高はエリーゼの方が2cm程度高い、ということになります...ね。

 なりますね、ってオイ!180SXよりもアイポイントはエリーゼの方が圧倒的に低いのに、最低地上高は180SXよりも確保されているって言うのかい?
 つまり、室内の高さが180SXよりエリーゼの方が圧倒的に高さがない、ということだ。

 感覚としては信じがたいが、結果はそうなっている...。エリーゼの方が車高は高いし、オーバーハングも短いのでアプローチアングルも有利。

 あくまで日常使いで、オフロードを走るわけではないので、ディパーチャーアングルについては見てない。入れれば出れるだろう、の理屈だが、リアはもう、形状から言って、絶対にエリーゼの方が有利だろう。造りからしても、エリーゼはディフューザーの垂直部分が当たるだけだが、180SXはマフラーのタイコが当たることになり、そのダメージは180SXの方が大きい。

 と、なると...

180SXの方が悪路走破性が高いと思い込んでいた事実は、
本日を以て終了いたします。

 てことかい、オイ?

 180SXの方がアイポイントが高いし、車高の下げ具合もかなり控えめにしているので、絶対に180SXの方が悪路走破性が高いと思っていた。エリーゼで行けない所は、180SXで行く、そう思っていた。

 しかし。

 数値だけ見ると、「180SXで行けない所には、エリーゼで行く」が正しい、となる。
 それを妨げる理由は、万一ぶつけた場合の修理費用がエリーゼの方が圧倒的に高い、ということだけだ。

 データから見れば、180SXで行けるところは、エリーゼでも全て行ける、となる。

today180_elise_shako12.jpg
↑ここも行けるわけだ。

いやいやいやいや。
やらないって!

 

■まとめ

 以上の事から、僕のエリーゼは、かなりラフな使い方をしている180SX以上のユーティリティ性があることが判明した。地上から天井までの高さや、アイポイントの高さで買ってに決めつけていたが、180SXで日常生活は全く困ったことがない。ゆえにそれ以上の値を示すエリーゼは、その180SXを以上に日常生活を妨げないと言える。

 ちなみに180SXで入れないコンビニやガソリンスタンド、立体駐車場は記憶にない。行かない所と言えばキャンプや焚火をしている河原とか、そんな特別なところだけである。

 結論としては、一般的な生活はエリーゼでできると言って問題ないだろう。少なくとも僕のエリーゼの仕様ではそういう結果だ。ノーマルのまま乗るのであれば、エリーゼで日常生活はまず問題ないといえよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wolfkai.com/mt/mt-tb.cgi/168

コメントする

ウェブページ

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

アイテム

  • under180.jpg
  • b_course.jpg
  • 0012_078.jpg
  • 0012_070.jpg
  • 0012_66.jpg
  • 0012_061.jpg
  • g07_haruna_roji.jpg
  • 0012_55.jpg
  • 0012_054.jpg
  • 0012_050.jpg