本当は別の名前だった?直前変更したうるふ怪YouTubeチャンネル名の秘話

| コメント(0) | トラックバック(0)
3年以上やって動画は150本弱、チャンネル登録者数は690人。たった数本の動画でチャンネル開設から1カ月もしないうちに1,000人の登録者を楽々突破するチャンネルがゴロゴロある中で、この結果とあれば、チャンネルとしてはもうゴミに等しいと言わざるを得ない。

それが、結果だ。


■僕を動かすのは、この場が必要だから

 しかし、である。

 そうは言っても690人である。プロでも何でもない僕の発する声が、毎週690人に通知が行く、と言うのは、それはそれですごいことだと思う。しかも、ロータスエリーゼと言う世の中的にはかなりニッチなものを題材としているし、プロドライバーでもなければプロ整備士でもない僕のチャンネルを、少なくともこれだけの人が観てくれているのだ。これは驚くべきことだ、とも思うのである。

 ちょっとはくじけそうになったことはあるが、止めようと思ったことはない。

 なんだろう、多分、自分で作ったものを発信するのが好きなんだと思う。逆にこういうのがないと、何か「生きててもツマラナイ」...まで言うと大げさか...なんだろう?よくわからない。

 でも、このウェブサイトもそうだし、YouTubeチャンネルもそうだけど、こういう場は持っておきたいのである。自分がこういうことが好きでやりたいからやっているのであって、そこが強さでもあると思う。YouTubeで収益上げて金持ちになってやる!だけの動機だったらとっくにやめていると思う。すでに結果は見えている。

 それは収益化出来てカネが入ってくるようになればそれは間違いなく嬉しいが、それ以前に、僕は自分で感じたことや知ったことをこうして伝えたい、残したい、そういう場所を持っていたい、と考える生き物なのである。趣味の世界を生きるのに、この場が必要なのだ。だから、止めることはないと思う。

 え?でも、最終回なんだよね?

 そうである。「うるふの怪しいホームページ」YouTubeチャンネルとしては。しかし、僕の発表の場の名称が変わるだけだ。新しい名前は「エリーゼオンライン中学校」。今後はチャンネル名をこれに変更して僕のYouTube活動は継続される。


■自分も懸念していたことを視聴者様が背中を押してくれた

 2018年、このチャンネルを始めようと思ったのはどちらかと言うとやや衝動的な部分もあったと思う。

 記念すべき僕の第1回の動画は非常に地味なものだった。これからYouTubeチャンネルを始める決意を語るわけでもなく、第1回目にふさわしい自己紹介的なものでもない。

 それは単に180SXのターボチャージャーの外れたアクチュエーターのロッド元に戻す方法、と言うだけの動画である。

 Webページ版のうるふの怪しいホームページで文字で書いたのではこれは伝わらないと踏んだのだ。動画にするべきだ、と。そう直感した僕は、カメラを用意して作業を動画に収めた。

 動画編集は子供のビデオとかをちょっと編集したくらいだったが、出来ないわけではない。それでよかった。自分が伝えたい、単純にそれが最初の動機だ。

 はじめはこんな感じで、文字では伝えにくいことを動画にするだけで、ベースはWebページと言うスタンスにするつもりでいた。僕のWebページの内容を補完するのだから、チャンネル名も「うるふの怪しいホームページ」で良かったし、そうでなければならなかった。今のように正副逆転するとは思っていなかったのだ。

 新しいチャンネル名を考えなかったわけでもないが、どのような方向性になるかもわからないので、20年以上やっている「うるふの怪しいホームページ」を超える名称は思いつくわけもなく、新しいチャンネル名という選択肢はすぐに消えたのだ。

 しかし、徐々に内容がエリーゼに特化され、僕自身も動画編集自体も楽しくなってきて、軸足は完全に動画になってしまった。少ないチャンネル登録者数、視聴回数ではあるものの、エリーゼの方が圧倒的に反応が良いため、内容もほぼエリーゼに特化され、視聴者の方もエリーゼ乗りやエリーゼ購入希望者になってくると、YouTubeチャンネルを運営するにあたって絶対にダメとされる「チャンネル名を見て何をやっているか想像できるものにする」という超基本的事項に反していることになってしまったのだ。

 しかし、ある程度の所まで来てしまった以上、なかなか自分の決断だけでは「チャンネル名変更」には踏み切る勇気はなかったのだ。

 そこに来て、あるチャンネル登録者の方から、コメントをいただいた。5月22日のVlog、錆転換剤の回である。


ホームページ名を変えることにはご抵抗がありますか?
エリーゼについては元より、これだけ有意義な情報をご発信なさっているのに登録者数700人というのは少な過ぎますよね。
「ホームページ名を変えれば100倍には増えるのになー」と常々思っておりました。 

 この視聴者様は、実際僕が最初にコンタクトを取らせて頂き、お会いさせて頂いた視聴者様でもある。

 だた、それでこのコメントを書くのは相当に勇気が必要なことだったかと思う。それを乗り越えるほど、僕のチャンネルの行く先を憂い、ここにある情報をより多くの自動車ファンに届けてエリーゼファンにするべきだと思ってくださっているのである。

 自分が情報発信する場が欲しいと言うだけの動機で好き勝手にやっているチャンネルに対し、ここまでのことをして下さる方がいるとは、本当に嬉しいし、幸せだし、誇りに思う。

 当然、僕自身もずっと思っていたチャンネル名の違和感。たった一人の視聴者の方に背中を押され、ずっと抱いてきたモヤモヤを今こそ吹き飛ばそうと、行動に出ると決めたのである。

 だから僕は、すぐにチャンネル名変更に動くと、返信した。

 こうしたチャンスには、絶対に乗るべきなのである。


■チャンネル名の推敲に1か月以上

 チャンネル名はそうコロコロ変えたくはない。この一発で、納得の行くものにしたい。そう思った僕は、チャンネル名変更の返信はすぐにしたが、チャンネル名変更そのもの自体は急がず、納得の行くものが出るまで案を出し続けると決意した。

 ボツになったチャンネル名については、うるふの怪しいホームページYouTubeチャンネル最終回で上げているのでここでは省略するが、あの動画に出て来なかったものものとして、「頭文字E」と言うのがある。

 これはかなり捨て難かった。

 クルマ好きならみんな知っている「頭文字D」のパロディであり、絶対に通りがいいし、一発で覚えてもらえることは間違いない。

 そして何しろ一定時期の後のロータスの車名は頭文字がEとなっているので、エリーゼのみならずロータス好き全員の方を対象としたチャンネルにできるのも良い。ロータス好きならニヤリとしてしまうタイトルだろう。

 ロータスを題材としたチャンネル名でこれほど完璧なものはないと思ったが、頭文字Dの知名度に完全にタダ乗りしている所が正々堂々としていないと思い、踏みとどまった。今後、ロータス車を題材にしたYouTubeチャンネルをやりたい方で気に入ったらぜひ使って頂きたいと思う。


■動画公開直前にチャンネル名称変更!本当はエリーゼ○○○中学校だった?

 最終的には「エリーゼオンライン中学校」という名称にしたのは動画でも言っている通りなのだが、この動画を公開する土曜日朝8時まではこれとは異なるチャンネル名で行くはずだったのである。

 チャンネル名変更前の「最終回」動画でボツになったチャンネル名のを紹介しているが、その一番最後を見ると「子供みたいな大人たちへ。エリーゼオヤジ幼稚園」とある。

 そう、実際は「エリーゼおやじ中学校」になるはずだったのだ!

 理由はそのいくつか前の動画「ロータスエリーゼ乗ったら目立つのか?」で言っているように「クルマ好きっておじさんかおじいさん」と言うのがあったからである。


 「ずっと子供のエリーゼ好きオヤジが集う場所、エリーゼオヤジ中学校」として進めていたのだ。

 要はちょっとした自虐なのだが、僕はそう言うのがあるのが好きである。完全無欠のキラキラネームよりも、ちょっと下げる、毒を持たせる。その方が観る方も親しみやすいし、自分も肩の力を抜いて取り組める。「うるふの怪しいホームページ」も同じ考えである。

 しかし、引っ掛かりはあった。「おやじ」限定のように感じてしまう。もちろんそんなつもりはないが、チャンネル名に「おやじ」とあればそう感じられてしまうのは間違いない。

 ま、実際僕のチャンネル視聴者の内訳を見ると、45~65歳の方で87%を占めているんので、すでにおやじ限定なのだが、これから幅広くエリーゼを知ってもらいたいという理念には反するのでは?

 これである。

 という事で、「エリーゼおやじの中学校」と途中に「の」を入れて少し和らげようとかも常に頭を横切っていた。「の」を入れれば、エリーゼ好きのおやじが多く集まる中学校であって、決しておやじ限定ではないとなるかな、なんていう考えだ。

 しかし、このくらいの自虐はやはりあっても良いだろうと自分に言い聞かせ、動画を完成させた。投稿する前にも何度も確認して投稿したが、「公開」する勇気が出なかった。

 いざ、動画が完成してみると、やはり「おやじ中学校」はよろしくないと思ったのである。

 では、何にするか。公開予定時間を過ぎてから再考し始めた。「エリ中」は外したくないので「おやじ」を何か別の言葉に置き換える作業となる。

 他の候補にもあったが、エリーゼオーナーズ中学校などは「オーナ限定」のようにも見えるので、考えたが止めた。「エリーゼパラダイス中学校」も良かったが、「パラダイス」にあまり意味がないし略称が「エリパラ」と「エリ中」で二分しそうだったので気が進まなかった。

 そして最終的にオンラインで全世界に届ける、と言う意味で「エリーゼオンライン中学校」となったのである。

 自虐も毒もなくなった分、印象に残りにくいと思うが、広くエリーゼを知ってもらうと言う意味ではこちらの方が良いと思っている。

 動画については「エリーゼおやじ中学校」と言っている部分が4か所あったが2か所に減らし、その部分の音声のみ撮り直して置き換えている。なので、公開された動画は「エリーゼオンライン中学校」の部分だけ声のトーンがちょっと不自然になっている。

 なお、実は「エリーゼおやじ中学校」の動画はアップしたまま消しておらず、限定公開として残した。下のリンクから見れるので、興味がある方は「エリーゼおやじ中学校」バージョンも観て頂ければ幸いである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wolfkai.com/mt/mt-tb.cgi/232

コメントする


[人気の道具→amazon]


ウェブページ

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

アイテム

  • today180_20210508_02.jpg
  • today180_20210508_180sx_wawtertank.jpg
  • today180_20210501-03.JPG
  • today180_20210501-02.JPG
  • today180_20210501-01.JPG
  • 20210501_elise-s1in_hakone_Webtitle.jpg
  • today180_20210418_tireshop.jpg
  • today180_20210418_tire-sidewall02.jpg
  • tire-seizoWWYY.jpg
  • today180_1peasce_tire.jpg