ゲリラ実験室

g_title.jpg
index

MISSION1:180SXで引越しは可能か?日通「単身パック」と同量の荷物を積載せよ!
MISSION1-1:再実験180SXで引越しは可能か?新婚2人暮らしの引越しを実際に行なう!

MISSION2:一般道で高速に挑む!埼玉→山梨、高速は本当に速いのか?! (予告を見る)
MISSION4:「格安旅行に勝てるか?春らんまん180SX宿泊1泊2日の旅!」
MISSION5:180SXでプリウスに挑む!600km無給油で走行せよ! (予告を見る)
MISSION6:ナビ対人間、「道の駅スタンプラリー」で真っ向勝負!
MISSION7:榛名山でミッションが壊れた!惰性走行で工場まで到達せよ!! (予告を見る)
MISSION8:180SXで鉄道に勝てるか?!東京-紀伊勝浦、ミッドナイトキャノンボール! (予告を見る)
MISSION9:下から行けば池谷先輩は間に合っていた?神様が与えたワンモッチャーンス! (予告を見る)
MISSION10:180SXでオフロードは走れるか!?廃車覚悟の中津川林道! (予告編をみる)

ゲリラ実験室とは?

 ゲリラ実験室、通称「ゲリラボ」とは、180SXに隠された潜在能力を引出すため、実験をもとにそれらの潜在能力が存在することを証明する極秘調査機関である。この結果は、「うるふの怪しいホームページ」を通じて全地球上に配信される。

 調査内容は、基本的に180SXに備わっていないと思われる、「速さの追求」以外の分野が中心で、噂、憶測、実現の可能性の有無にかかわらず、当実験室が検証するに値すると認めたものは全て実行される。当実験室が行う実験は180SXの価値や地位を高めることを目的としているが、結果がそれにそぐわない場合も、隠匿することなく全てを公表することを約束する。また、視聴者の利益となるであろう内容の場合は、180SXと深い関連がなくても実験を行う場合もある。

 なお、実験の過程、結果を始め、その他ここに記される内容は全て真実である。ただ、その結果をどのように理解するかは全て視聴者の裁量にお任せする。

 完全なる真実を伝える当実験室をねらう組織の存在も確認されており、当実験室の所在、詳しいメンバー構成などの実験結果以外の内容については極秘とさせていただくことを明記しておく。もちろん、実験場所や時刻などは、その前後において、原則として公表されない。それは、この「ゲリラ実験室」と言う名前にも由来する、当方の活動と存続を守るために必要な措置である。


ゲリラ実験室所属研究員

 メンバーの詳しい構成について明かすことが出来ないのは先述のとおりである。但し、実験結果公表時の便宜を図るため、ごく簡単にメンバーのコールサインと活動に差し支えのないデータをここに記しておく。

dr-wolf.jpg
【ドクターうるふ】
 当実験室最高責任者であり、実験の全てを指揮・監督する。日産180SXの社会的認識を高めること強い意欲を燃やしており、「180SXは速くて当たり前。最近のハンパな車には、どんな分野でも負けない」と言っている。「だが、それが証明できなければ机上の空論だ」と、セリフが某マンガの盗作なのが気になるが、とりあえず、口だけではないその姿勢にある種の信念を感じる。そのために、彼が定めた当実験室の基本理念は「先ず、成せ」。
 また、この研究機関の発足に関し、日産関係者幹部からの密命を受けていると言う噂もあるが、ドクターうるふは関係を全面的に否定している。



yumigon.jpg
【ゆみごん社長】
 ゲリラボの特別研究員として就任。ただ、真の目的は自社の利益のため、実験結果を利用することらしい。「この時代、互いの利益が一致するなら協力することがあっても良いんじゃない?」と、本人もそれを認めている。どのような会社の社長かは不明。本人は桃太郎電鉄社長などと言っている。
 企画・情報収集の分野で発揮する能力は目を見張るものがある。かなりのキャリア・ウーマンと推測する。






pipako.jpg
【ピパ子氏】
 ゲリラボの実験結果を全世界に公表する「うるふの怪しいホームページ」専属モデル。ボランティアで登場する代わりに一切の身元を明かさないと言う条件で、彼女に関しては、当実験室はおろか、「うるふホームページ」編集部も詳しい情報を持ち合わせていない。ほとんどなにも考えていない人物なので、当実験室でも危険はないと判断している。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wolfkai.com/mt/mt-tb.cgi/56

コメントする